Back

Ja|En

C Series|All Item

C Series
Kimura Soap / Cleaning Tools, 2018–

かゆいところに手が届く、"ニッチな製品"をラインナップしたシリーズ

C seriesは、石鹸メーカーの木村石鹸が展開する、家事に役立つニッチな用途の製品をラインナップしたシリーズです。broomでは、フレームワークから、VI、パッケージ、ツールに渡りトータルプロデュースを行いました。

Planning, direction, design: Takumu Imoto [broom inc.]
Photograph: Yoichi Nakamura [Xrossing]

C Series|Concept
C Series|Logo

Framework + Statement

木村石鹸の100年近く続く歴史の中で生み出されてきた、多種多様な製品たち。その多くが「製品自体は知っているが、木村石鹸のことは知らない」といった課題を抱えていました。そこで、その原因はネーミングやパッケージの"一貫性の無さ"にあると考え、ひとつのシリーズとして"くくり"を設けることに。ポジショニング・価格・パッケージなどあらゆる点をリファインすることにしました。一方で、課題を抱えながらも売れ続けてきたこれらの製品こそ、木村石鹸の礎であり、クラフトマンシップの集積である、と位置づけ、"KIMURA SOAP’S CRAFTSMANSHIP SINCE 1924"というステートメントを設計、同シリーズのすべての製品に付随させることにしました。

C Series|Before/After

Item Select + Naming

C seriesでは、様々な用途で使えるような汎用性の高い商品はあえて含めず、むしろニッチであればあるほど良いと定義し、ラインナップのセレクトを行っています。それは、掃除において細かいところまで綺麗にできる=かゆいところに手が届く、という強みを最大化するためです。また、個々の商品名は、できるだけわかりやすくかつ、あえて"ひねり"のないものとし、個々の商品よりもシリーズ全体に目がいくような構造を組み立てています。

Icons + Animation

C seriesの商品は、ひとつひとつに個別のアイコンを設けています。それらのアイコンは一筆書きで表現し、すべてのアイコンを繋げた動的なグラフィックも設計。一目で「様々な用途の商品が揃っているシリーズ」と認識できるような仕組みをつくりました。

C Series|Bottle
C Series|Pouch
C Series|Wipe
C Series|Box

Package / Identity

頻繁に使うモノだからこそ、使い手の暮らしに上手く馴染むことが大切と考え、シンプルな装いで統一。一方で、店頭販売などの際には、ただシンプルなだけでなく、見つけてもらうための"目印"が必要とも考え、剥離可能なネイビーのシールを付加しています。「シンプル+白地+黒い文字やアイコン+ネイビーのシール」といった、他製品/ブランドと直感的に見分けのつく複合的な要素をビジュアルアイデンティティとして設計しました。

C Series|Washing
C Series|Toilet
C Series|Bath

Images

洗剤類のPRでは、洗浄力や効果を訴求の中心に据えた力強いビジュアルを展開することが多く見られますが、C seriesでは、「(装い・効力ともに)使い手の暮らしに上手く馴染むこと」を直感できるように、生活シーンに落とし込んだビジュアルを計画しました。現在では、EC・SNSを中心に拡散し、いわゆる"パッケージ買い"が行われる要因の一つとなっています。