Back

Ja|En

Cake Stool|Seat

Cake Stool
Prototype / Stool, 2018

間伐材・集成材の新たな使い方〜環境課題の提示

Cake Stoolは、"集成材"を三角に切断し、頂点を合わすように継ぐことで年輪のようなパターンを座に構成したスツールです。集成材とは、利用価値の乏しい小さな木々を接着材で組み合わせた人工的な材木のことで、このスツールには「"間伐材"から成る"集成材"」を用いています。間伐材とは、森林を健全に育てるために間引きをした木のことで、細く、曲がりやねじれ等が生じていることから、建築資材や家具への転用には向かず、その多くが処分されるなど、環境問題にも発展しています。そんな間伐材の利用促進の一手として、Cake Stoolをつくりました。

Planning, design: Takumu Imoto [broom inc.]

Cake Stool|Concept
Cake Stool|Scatter
Cake Stool|Type
Cake Stool|Detail
Cake Stool|Thinned wood