Back

Ja|En

12/JU-NI|Shampoo and conditioner

12/JU-NI
Kimura Soap / Haircare Brand, 2019–

"正直な処方"で、髪を本気で良くするヘアケアブランド

12/JU-NIは、石鹸メーカーの木村石鹸が展開するDtoCヘアケアブランド。小さなメーカーだからこそ実現した"正直な処方”をコンセプトにシャンプー等を販売しています。broomでは、フレームワークから、VI、パッケージ、各種ツールに渡りトータルプロデュースを行いました。

Planning, direction, design: Takumu Imoto [broom inc.]
Assistance: Ryosuke Sakamoto [broom inc.]

12/JU-NI|Concept
12/JU-NI|Frame work
12/JU-NI|Statement and concept

Framework + Statement

例えば、「ノンシリコンシャンプー」が流行した際、巷では「シリコン=良くない」というイメージが定着しましたが、実際は誤認です。むしろ正しく扱えば、シリコンは安全な成分で皮膚に浸透することなく、キシミを改善してくれます。そんな"シリコンの例"を筆頭に、世の中の多くの化粧品メーカーでは、注目度の高い成分名を謳うためだけに、その量では効果を発揮しない微量の原料を加えたり、本当は効果のある原料をあえて排除したり、ということが常に行われています。これらは、メーカーの"売る努力"ではありますが、"使い手にとっての最善"ではありません。そこで、流行や慣習を無視した、小さなメーカーにしかできない挑戦的な商品開発を実施。「本気で髪をよくする」その真摯な態度をコアとし、ブランドを立ち上げました。

12/JU-NI|Logo

Naming + Logo

ユニークなコミュニケーションや提供価値を予感させるために「12/JU-NI」という少し変わったブランド名を設計しました。1年は12ヶ月、時計は12時まで、というように人の暮らしに関係の深い数字であることや、髪の適切な水分量が約12%であること、など複数の事象に起因しています。また、「12」の日本語読みである「ジューニ」をブランドの呼称に、漢字表記である「十二」をロゴタイプに採用、国内での親しみやすさにも配慮しました。また、"正直”かつ、開発者気質なブランド特性を象徴する「Engineering for Haircare」というタグラインも、世界観をより直感的に捉えられる要因として機能しています。

12/JU-NI|Set
12/JU-NI|Opened

1st Products

第一弾商品は、髪がまとまらない・寝癖が酷い、といった悩みを持つユーザーに向けて処方を特化したシャンプー&コンディショナー。PRにおいても"正直"を貫き、「万人受けは狙っていない」「合う人と合わない人がいる」といった、従来であればネガティブな内容をSNS等で積極的に発信、弱みをあえて晒すことで強みを浮き彫りにし、多くの方に試験的に使ってもらえる機会を創出しました。先行販売を行ったクラウドファンディングでは支援購入額500万円超えを達成、化粧品分野では稀有な事例となりました。その後も生産が追いつかないほどの売れ行きとなり、日本国内を中心に多くのユーザーのヘアケア体験に革命をもたらしています。

12/JU-NI|Package
12/JU-NI|Box
12/JU-NI|Pouch
12/JU-NI|Sign

Communication 1

ボトルのデザインから、リーフレット、配送用ダンボール、詰め替え用パッケージまで、全てのプロダクトで表現を一貫。また、シャンプー/コンディショナーには、開発者個人のサインを明記するなど、徹底的に"正直"を体現し、そのクオリティへの確信や熱意を伝えられるように全体のコミュニケーションを設計しています。

12/JU-NI|Leaflet
12/JU-NI|Inside the leaflet

Communication 2

商品に同梱するリーフレットでは、計12項目、5,000字を超える膨大なコンテンツを用意。商品との向き合い方から、開発者の想い、髪に対するマインドセット、製造環境まで、何一つ包み隠すことなく、その熱量をユーザーへダイレクトにぶつけ、商品/ブランドを愛してもらえるように努めています。