Back

Ja|En

Paper Joint Basket|Assemble

Paper Joint Basket
Own Products / Basket, 2018

プラモデルのように使い手が楽しみながら組み上げる紙のバスケット

Paper Joint Basketは、ユーザーがパーツを組み上げることで完成する、紙製のバスケットです。パンや果物を入れて食卓に置いておいたり、小さな雑貨をまとめておいたり、とさまざまな使い方ができます。 "紙のプロダクト"といえば、ペーパーカップのように使い捨てるモノか、折り紙のように実用性の無いモノのどちらかを想起しますが、このバスケットでは、それらの良い点を両取りすることを目指しました。印刷の分野で用いられる合紙の技術を応用し、複数の紙を張り合わせることで、日常使いに十分な機能性を実現しつつ、組み上げる過程を楽しむプラモデルのような嗜好性も兼ね備えています。

Planning, design: Takumu Imoto, Ryosuke Sakamoto [broom inc.]

Paper Joint Basket|Concept
Paper Joint Basket|Put in basket
Paper Joint Basket|Right above
Paper Joint Basket|How to assemble
Paper Joint Basket|Parts
Paper Joint Basket|Package

Flat packed

ECを通じたグローバルな販路を見越していたため、できるだけ輸送コストを抑える目的で、パッケージは薄さ8mmのフラットパックとしました。また、この平らなパッケージは、平面から立体に立ち上がる、プロダクト自体のおもしろさを助長するという役も担っています。

Paper Joint Basket|Exhibition
Paper Joint Basket|Shop

Exhibition

日本の素材/技術を世界に伝えるプラットフォーム「MATERIAL IN TIME」への参画をきっかけに、このプロジェクトは始動しました。Paper Joint Basketは、企画・設計〜販売までを全てbroom社内ではじめて行った、自社プロダクトで、香港での展示/販売、オンラインストアへの出店、現地/国内メディアへの掲載など、様々な評価の機会をいただきました。

Paper Joint Basket|Process

Process

Paper Joint Basketは、ノベルティなどをつくる際によく使われる「貼合(合紙)」と「型抜き」という2つの技術を応用して生産しています。ただ、従来よりもはるかに複雑な抜型と、硬く厚い材をパンチアウトするための圧力が必要であったため、金属用のパンチで試したり、刃の形を変えたりしながら、なんとか目指していたクオリティに到達しました。